ヴォルスタービヨンド アルコールと一緒でもOK※高血圧の人は注意

ヴォルスタービヨンドはサプリメントのために、アルコールを飲んだ状態でも特に制限なく使えます。

注意したいのは飲みすぎと体調の問題です。

アルコールを飲みすぎているとメーカーの想定以上に影響が出てしまう可能性もあるからです。

特に高血圧の人は影響が出る可能性が高まってしまうため注意が必要です。

個人差があるアルコールの影響

ヴォルスタービヨンドは主成分の1つであるシトルリンの作用などで増大を目指すのが特徴です。

シトルリンには血管を拡張する作用があり、スポーツ選手などがパフォーマンス向上のために利用するケースがあることでも有名です。

血管拡張により運動能力アップに期待できるだけでなく、頭の回転も速くなるといったデータも存在します。

ポイントは血管拡張作用によってアルコールの回りも早くなってしまう可能性があることです。

一般的な食事でも食べあわせが悪くて具合が悪くなることがあるように、アルコールを飲んだ状態だと影響が出やすくなってしまうこともありえるのです。

どのようになるかは人によって変わるものの、気分が悪くなるなど悪影響が出るなら避けた方が良いのです。

アルコールが影響しない時間帯に飲んでおく

ヴォルスタービヨンドとアルコールの組み合わせで体調が悪くなってしまう人もいます。

高血圧の人の場合はさらに注意が必要で、影響の度合いが強くなる可能性もあります。

普段よりも血圧が上がってしまう可能性があるため、心臓や血管に負担がかかる可能性も高まってしまうのです。

アルコールが回りやすくなるためその時は感じられなくても、翌日以降に響きやすくなるなど問題が出ないか気を配るのがおすすめです。

飲み会などでお酒を飲むことが決まっている場合は飲まないようにするなど避けるのも方法になります。

可能な限り毎日飲んだ方が効果を実感しやすくなりますが、ある程度量や飲むタイミングを調整できるのはヴォルスタービヨンドのメリットの1つです。

薬のように飲むタイミングなどが決まっているわけではないため、飲まずに休むという方法もありす。

ただ、ヴォルスタービヨンドは飲み続ける方がいいので、アルコールを休む方をお勧めしたいところですけどね(笑)

まとめ

ヴォルスタービヨンドには血管を拡張する成分が含まれています。

アルコールと組み合わせると強く作用が出る可能性があるため、もともとアルコールに弱い人は注意が必要です。

高血圧の人の場合はさらに注意が必要で、影響が出る可能性が高まります。

薬のような副作用はなくても影響には個人差があるため、飲む予定がある日はヴォルスタービヨンドをさけるなど工夫をした方が気持ちよくすごせることが多いです。

・ヴォルスタービヨンドが一番安く買えるのは ⇒ 【公式】ヴォルスタービヨンド
・塗るタイプがいい方は ⇒ 【公式】ヴォルスターリキッド