ヴォルスタービヨンド 食後でも食前でも問題なし。でも理想は食前です

ヴォルスタービヨンドは、食事に関係なくのめるサプリメントではあります。

ですが、食事と服用のタイミングを合わせることで得るメリットがいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

食後に飲むのが一般常識?

まず、一般的にお薬を服用するとき、食後に飲むことが多いのはご存知でしょう。

これは、実は飲み忘れを防ぐ為なのです。

たくさんある医薬品のなかで服用時点を厳守しなければならないのは、ほんの一握りで、多くの医薬品は空腹時でも、いつ飲んでも大丈夫なものがほとんどです。

厳密にいえば、これについてはあとで詳しく述べますが、効果に若干の違いがあります。

しかし誤差の範囲です。

ですから、いちばん大切なことは飲み忘れを防ぐことです。

飲まなければ意味がありませんから。

多くの日本人が1日3食の規則正しい食事をとっていた時代の名残として、「薬は食後」が一般常識として知れ渡っているんです。

しかし、食事を抜くことが多い人でも3食全部抜く人はいないでしょう。

また食事の時には飲み物も食卓にありますから、薬やサプリメントを飲むタイミングとしては最適なんです。

飲み忘れを防ぐために、ぜひ利用しましょう。

成分の吸収には順番がある

さて、先程のべた効果の厳密な違いについてです。

最近ではマスコミでもダイエットや糖尿病の予防などでよく食べる順番についてとりあげられていますよね。

ご飯に含まれる炭水化物のとりすぎを防ぐために、先にサラダや汁物、おかずを食べてから、炭水化物は最後にまわす、というやり方です。

実際、試されたかたはご存知かもしれませんが、この食べ方ですと食事の直後の血糖値の急激な上昇がゆるやかになるんです。

血液を採った値でも実証されてますし、他にも食後の眠気が少ない(血糖値の急激な上昇がある人は耐えきれない眠気があるんです)といった症状にもあらわれます。

つまり、これは炭水化物を後から食べたことで、炭水化物の体内への吸収が後回しにされたということです。

まとめ

そこでヴォルスタービヨンドです。ヴォルスタービヨンドをせっかく飲むのですから、最大限の効果を得たいのはもちろんですよね。

ですから、オススメの服用時点は食事前の空腹のタイミングです。

他の栄養分に先駆けて、いちばんにたっぷりと体内に吸収されるよう食事前に飲む習慣をおすすめします。

そして、飲み忘れだけにはくれぐれもお気をつけてくださいね。

・ヴォルスタービヨンドが一番安く買えるのは ⇒ 【公式】ヴォルスタービヨンド
・塗るタイプがいい方は ⇒ 【公式】ヴォルスターリキッド